logo
最新情報製品紹介導入事例プラグインサポートチュートリアルSHOPFAQ企業情報
FUSEe チュートリアル

FUSEe®でEPUBの電子書籍を作ってみよう!(入門編)

当コンテンツでは、FUSEe®製品版を使用してのチュートリアルをご紹介しております。
FUSEe®βでの制作チュートリアルは、現在公開いたしておりません。予めご了承ください。

基本画面

FUSEeチュートリアル写真1FUSEeチュートリアル写真2

FUSEe®を起動すると左のような画面が表示されます。
次にファイルメニューから新規作成を選択すると、右の画面が表示されます。
この画面がFUSEe®で電子書籍を制作していくメインの画面になります。


メイン画面

FUSEe®のメイン画面は大きく3つのウィンドウで構成されています。

FUSEeチュートリアル写真3

メインウインドウ

デザイン編集やテキスト、XHTML入力を行えます。
またCSS入力、JavaScript入力、メタデータの編集もこのウインドウで行えます。

ツリービューウインドウ

作成中のページ構成や情報をツリー表示します。

サムネイルウインドウ

メインウィンドウで作成されたファイルがリアルタイムで一覧表示されます。
作成中の画面がそのまま反映されるため、直感的に全体の内容を把握することができます。

※各メニューの詳細な内容、操作方法は製品に同梱されたマニュアルをご覧下さい。


電子書籍のつくり方

FUSEe®の機能を利用した簡単な電子書籍のつくり方と基本操作をご紹介します。

電子書籍をつくりはじめる

FUSEeチュートリアル写真4FUSEeチュートリアル写真5

ファイルから「新規作成」を選択してみましょう。
白い画面がメインウインドウに表示されます。
この画面が電子書籍のページになる画面です。

ページにタイトルをつける

FUSEeチュートリアル写真5FUSEeチュートリアル写真6

メインウインドウ上のメニュー「タイトル」の部分にタイトル名を入力すれば、制作しているページにタイトルをつけることができます。
入力されたタイトルはサムネイルウィンドウにすぐに反映されます。

表紙をつくる

FUSEeチュートリアル写真7

表紙文字の入力
メインウインドウのデザイン画面、1ページ目に書籍タイトルや表紙文字を入力します。
文字の大きさもメインウインドウのメニューのフォントサイズから変更してみましょう。
表紙らしい文字の大きさが選択できます。
変更されたイメージはサムネイルウィンドウにもすぐに反映されます。

FUSEeチュートリアル写真8FUSEeチュートリアル写真9

表紙画像の挿入(画像の追加)
表紙の見栄えを良くするために画像も入れてみましょう。
まず最初に挿入したいイメージ画像をFUSEe®に内に追加します。
任意の場所より希望の画像を選択、追加すると、FUSEe®内のimagesフォルダに画像が追加されます。
または直接imagesフォルダにドラッグ&ドロップしても追加できます。
※使用した画像は画像エディタで画像ファイルのサイズ変更・解像度変更、トリミング、画像回転などの編集作業を行うことが可能です。


iBooks本棚用のカバー画像をつくる

FUSEeチュートリアル写真10

iPad・iPhone用の電子書籍リーダー「iBooks」の本棚に表示される画像を作成しましょう。
ファイルメニューの環境設定、カバー・目次タブを選択し、「iBooks 本棚用カバー画像を作成する」をチェックすれば一番最初のページがスクリーンショットされ、iPad・iPhone用のカバー画像になります。
FUSEe®ならiPad・iPhone用のカバー画像もこんなに簡単に作成できます。


文章(本文)を入力する

FUSEeチュートリアル写真11

メインウィンドウのデザイン画面上で文章を入力していきましょう。
ワープロ感覚で文字が入力できるのでとても簡単です。
1ページ内が任意の文字量になるまで本文を入力していきましょう。


見出しを変更する

FUSEeチュートリアル写真12

文章を読みやすくするために本文内の見出しの大きさを変更してみましょう。
メインウインドウのメニュー「書式」から任意のサイズを選択すると見出しの大きさを変更できます。 見出し種類は、なし・段落・H1~H6から選択可能です。


文字サイズを変更する

FUSEeチュートリアル写真13

本文中の文字の大きさも任意で変更が可能です。
変更したい本文中の文字を選択し、メニューからフォントサイズを選びます。
文字のサイズはピクセルサイズで8,10,12,16,24,36,48を選択することができます。
また、プルダウン内に直接サイズを入力すれば任意サイズに変更することも可能です。


スタイルシートを活用する

FUSEeチュートリアル写真14FUSEeチュートリアル写真15

FUSEeRでは、本文中の文字装飾や文書体裁を簡単に行うために、スタイルシートを適用することができます。
スタイルシートを使用すれば、複数の文字装飾を同時に行うことができます。

FUSEeチュートリアル写真16FUSEeチュートリアル写真17

スタイルシートを新規作成するとツリービューに表示されます。
表示されたコード編集タブでCSS を編集することができます。
設定したスタイルシートは、適用させたいベージをデザインタブで表示させ
「スタイルシートファイル追加」ボタンをクリックします。
これでページ全体に適用されます。

FUSEeRなら手間のかかる文字装飾や体裁の設定もこんなに簡単にできます。


ページを追加する

FUSEeチュートリアル写真18FUSEeチュートリアル写真19

ページ内の文字数がある程度増えてきたら新規ページを追加してみましょう。
ツリービューのメニューの「新規作成」を選択すればページを追加できます。
選択後、ダイヤログが表示されますので 、 任意のファイル名を入力して下さい。
これで新規ページが作成されます。

同じ操作を繰り返すことでページを次々と追加していくことができます。


便利機能!画像だけでページをつくる

FUSEeRにはとても便利な機能があります。フォルダを指定することで、フォルダ内の連番ファイル名の画像を電子書籍ページとして自動生成することができます。

FUSEeチュートリアル写真20FUSEeチュートリアル写真21

ツリービューのツールから「指定されたフォルダの画像でページ生成」を選択します。
(画面:左) 
選択するとダイヤログが表示されるので、画像が入っているフォルダを指定します。
これだけで簡単にフォルダ内の画像がページとして自動生成されます。
(画面:右)

写真集やカタログの制作にもとても重宝で便利な機能です。


書籍情報を設定する

FUSEeチュートリアル写真22

電子書籍が完成したら、書籍情報タブで書籍について情報を入力しましょう。

・書籍タイトル
・著者
・貢献者
・日付( 発行日 、作成日 、改訂日 )
・著作権
・出版内容
・ISBN・ISSN
・表題・種類・規格・情報源・関係・範囲

などが入力できます。


電子書籍を保存する

電子書籍が完成したらファイルを保存しましょう。 FUSEe®では「プロジェクトファイル」と「EPUB データ」の2つの形式で保存することができます。

※プロジェクトファイルとはFUSEe®オリジナルの保存ファイル形式です。

FUSEeチュートリアル写真23

プロジェクトファイルで保存する場合
プロジェクトファイル形式を保存する場合は、ファイルから「名前を付けて保存」を選択し保存します。

FUSEeチュートリアル写真24

EPUB形式で保存する場合
EPUB形式の電子書籍として保存をする場合は、ファイルから「EPUBに 書き出し」を選択し保存します。


保存したファイルを開く

保存した「プロジェクトファイル」や「EPUBファイル」をFUSEe®で開きます。

FUSEeチュートリアル写真25

プロジェクトファイルを開く場合
プロジェクトファイルを開くには、ファイルから「プロジェクトを開く」を選択します。
ダイアログが表示されたら保持した .fprjファイルを選択してください 。
これで保存されていたプロジェクトファイルが表示されます。

FUSEeチュートリアル写真26

EPUB形式ファイルを開く場合
EPUBファイルを開くにはファイルメニューから
「EPUBを開く」を選択します。これで保存されていたEPUBファイルが表示されます。
EPUBファイルを開いた場合は、標準でビューワタブを表示します。


Copyright©2006-2017 FUSE Network,Inc. All Rights Reserved.