logo
最新情報製品紹介導入事例プラグインサポートチュートリアルSHOPFAQ企業情報

最新情報


2012年08月15日 製品版「FUSEe(R) ver.1.3.2アップデート リリース」のお知らせ

本アップデートにおける主な変更点:

  • WebKitをアップデートしました。
  • 日本語ファイル名のリソースファイルが利用可能になりました。UTF-8のURLエンコードされたリソースファイルも表示 されます。
  • 読み込みエラーとなっていた一部のファイルが、読込可能となりました。
  • ワークディレクトリ「miscs」が利用可能となりました。FPRJファイル保存時は、ワーク用ディレクトリのリソースが> ファイルに内包されます。
  • 編集中のEPUB/FPRJファイルの自動保存が可能となりました。環境設定の「ファイル」タブにて、自動保存に関する設> 定が行えます。自動保存ファイル名は、元のファイル名にタイムスタンプが追加されます。(例: test_20120622191236.epu b)
  • UUID再生成の設定を追加しました。設定がチェックされていると、ファイル保存実行時にOPFファイルのUUIDが再生成> されます。
  • EPUBファイルへ書き出し時の保存オプション画面に、KindleGenによる MOBIファイル作成オプションを追加しました。 チェックすることにより、EPUBファイル保存後、MOBIファイルの作成を行います。MOBIファイル作成オプションを有効にす るには、環境設定「ファイル」タブにて、KindleGen実行ファイルのパスを設定します。
  • 環境設定にて、KindleGenのデフォルトオプション値が設定可能になりました。保存オプション画面で、オプション値> が変更可能です。
  • 「ファイル関連」タブを、「ファイル」タブに名称変更しました。
  • 「ファイル」タブに、自動保存の設定を追加しました。自動保存の「有効・無効」、実行間隔、自動保存履歴数、自動 保存フォルダの設定が行えます。
  • ファイルタブに、楽天kobo用のファイル名をデフォルトにするオプションを追加しました。オプションを有効にすると EPUBファイル書き出し時に、拡張子が「.kepub.epub」となります。
  • ビューワのコンテキストメニューに、「インスペクター表示」を追加しました。環境設定のビューワタブにて、インス ペクター表示をチェックすることで表示されます。
  • コード編集/ビューワのコンテキストメニューに「画像文字変換」を追加しました。文字を選択状態とすることで有効> になります。実行すると、一文字毎のSVG画像ファイルを生成し、ツリービューへの登録を行います。
  • MathMLによる数式を、SVG画像に変換作成する機能を実装しました。メニューの「ツール」または、コード編集の右ク> リックメニューの「数式画像作成」を実行することで、専用のダイアログが表示されます。
  • ツリービューのコンテキストメニューに、「画像フォーマット変換」メニューを追加しました。画像ファイル(JPEG/PN G)を選択していると表示されます。
  • OPFファイルの右クリックメニューに、「UUID再生成」メニューを追加しました。実行すると、OPFファイルのUUIDが再 生成されます。
  • ディレクトリを作成、削除および、リネームを行えるようにしました。ディレクトリ名にも日本語を使用可能です。
  • ディレクトリ間でのドラッグ&ドロップ、ディレクトリへのドラッグ&ドロップが行えるようになりました。
  • FUSEe構成で開いたファイルの場合、エクスプローラー等からのドラッグ&ドロップファイルは、各カテゴリファイル> のディレクトリに登録されます。カテゴリに対応していないファイルは、ワーク用ディレクトリへ登録されます。
  • ワーク用ディレクトリへ登録されたファイルのうち、EPUBファイルへ含まないファイルについては、ダブルクリックに て登録されているアプリケーションを起動するようにしました。
  • xmpファイルの編集が可能になりました。
  • ビットマップファイル、TIFFファイルを、ブックディレクトリ側へ移動させると、画像フォーマット変換を行う機能を 実装しました。
  • テキストファイルを、ブックディレクトリ側へ移動させる際に、html変換を行う機能を実装しました。
  • Markdown書式のファイルを、HTML変換できるようになりました。変換後のファイルはブックディレクトリ側に登録され ます。拡張子は、.md または .markdown のみが対象となります。

本アップデートにおける不具合修正:

  • テキスト系ファイル(コンテンツファイル、スタイルシートファイル等)の読み込みで例外エラーが発生していた不具 合を修正しました。
  • 日本語リソースを含むEPUBファイルを読み込んだ場合の終了処理で、例外エラーが発生してしまう不具合を修正しまし た。
  • OPFファイルのタグが、と記述されているファイルが、読み込めない不具合を修正しました。
  • ファイル保存時に、例外エラーが発生して終了してしまう不具合を修正しました。
  • FUSEe構成以外のファイルを、FUSEe構成にて読み込んだ場合に、目次ツリーの項目をクリックしても該当のコンテンツ ファイルが表示されない不具合を修正しました。
  • コンテンツファイルを複製し、複製したファイル名を変更せずに、EPUB/FPRJにてファイルの保存を実行すると、例外>エラーが発生して終了してしまう不具合を修正しました。
  • 複製されたファイルのリネーム処理にて、ツリービュー情報が正しく変更されていなかったため、例外エラーが発生し てしまう不具合を修正しました。
  • NCXファイルが、OPFファイルにて定義されているディレクトリに登録されていなかった不具合を修正しました。

※本ソフトウェアには、β版に含まれる各テンプレート(JBasic,OnDeck,EPUBJP,HapHands)は含まれておりません。

製品版「FUSEe® ver.1.0」のお求めは、amazon.co.jpもしくは各販売代理店までお願い致します。


製品版「FUSEe® ver.1.3.2アップデート」は、こちらからダウンロードいただけます。



2012年08月15日「FUSEe(R)β ver.0.1.1b7eリリース」のお知らせ

改変事項

011b7e

  • 幾つかのバグフィックスを行いました。

FUSEe(R)β ver.0.xの開発は、既に終了しております。バグフィックス以外の積極的なアップデートは行われません。

ダウンロードは、FUSEe®βから。
『FUSEe®β公式マニュアル EPUB3/EPUB2制作実践ガイド』絶賛販売中!



2012年08月07日「FUSEe(R)β ver.0.1.1b7dリリース」のお知らせ

改変事項

011b7b

  • WebKitのアップデートを行いました。
  • ビューワの印刷機能が再び利用可能となりました。
  • 幾つかのバグフィックスを行いました。

FUSEe(R)β ver.0.xの開発は、既に終了しております。バグフィックス以外の積極的なアップデートは行われません。

ダウンロードは、FUSEe®βから。
『FUSEe®β公式マニュアル EPUB3/EPUB2制作実践ガイド』絶賛販売中!



2012年08月03日「FUSEe(R)β ver.0.1.1b7cリリース」のお知らせ

改変事項

011b7c

  • ツリービューのリソースのコンテキストメニューに「送る」メニューを実装しました。
  • セカンダリモニタの接続時にウィンドウが消失する場合がある不具合を解消しました。
  • ファイル間におけるライブラリ共有に関する不具合を解消しました。
  • 幾つかのバグフィックスを行いました。

FUSEe(R)β ver.0.xの開発は、既に終了しております。バグフィックス以外の積極的なアップデートは行われません。

ダウンロードは、FUSEe®βから。
『FUSEe®β公式マニュアル EPUB3/EPUB2制作実践ガイド』絶賛販売中!



2012年07月24日「FUSEe(R)β ver.0.1.1b7bリリース」のお知らせ

改変事項

011b7b

  • 環境設定のファイルタブに、楽天kobo用のファイル名をデフォルトにするオプションを追加しました。
  • NCXファイルの配置ディレクトリに関する不具合を修正しました。
  • 目次ツリーの項目をクリックしても該当のコンテンツファイルが表示されない場合がある不具合を修正しました。

FUSEe(R)β ver.0.xの開発は、既に終了しております。バグフィックス以外の積極的なアップデートは行われません。

ダウンロードは、FUSEe®βから。
『FUSEe®β公式マニュアル EPUB3/EPUB2制作実践ガイド』絶賛販売中!



戻る  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |    次へ 


Copyright©2006-2017 FUSE Network,Inc. All Rights Reserved.