logo
最新情報製品紹介導入事例プラグインサポートチュートリアルSHOPFAQ企業情報

最新情報


2013年05月29日 導入事例 | CG作家 秋元きつねさん 「いろんな人間がいて、いろんなことをやっているから面白い」

導入事例を掲載させていただきました。

電子書籍が世間にも注目され始めた頃、いちはやくフルCGアホマンガ「ドジったーズ」をパブーで作って毎月一話ずつ配信。それを三話まとめて昨年リリースしたKindle版 に続いて、iBookstoreがオープンした今年、十二話まとめてリリースしたのが本作。秋元きつねワールドが炸裂!

一目見たら忘れられない強烈なキャラクター達と超カラフルな絵柄の「ドジったーズ」。頭を空っぽにして読みたいマンガです。作者の秋元きつねさんにお話を聞いたのは、ちょうどiBookstoreから「ドジったーズ」のリリースが始まったタイミングでした。

詳細ボタン



2013年05月09日 導入事例 | 大妻女子大学 社会情報学部 環境情報学専攻 生田 茂教授「ひとりひとりの子どもにあった教材を」

導入事例を掲載させていただきました。

iBooksのRead Aloud機能(EPUB3 Media Overlay)を使っ た楽しい教材。どのように見せたら子どもたちが一番喜ぶか、一番読みやすいかを日々研 究しているそうだ

FUSEeを導入して、初めて制作したものが音声読み上げ機能を使った児童・生徒向けの教材だという事をお聞きして、実際に見せていただくことになり伺ってきました。 生田先生は、東京の多摩・唐木田にある大妻女子大学の教授であり、理科・環境教育、特別支援教育、教育工学、教師教育を研究分野とされています。授業では、平たく言 うと“中学高校の先生を生み出している”そうです。

詳細ボタン



2013年2月22日開催「電子出版ビジネスの可能性と先端技術そしてコンテンツの未来」セミナーのお知らせ

昨年は、電子書籍購読用のスマートフォン、タブレット向けアプリ、専用端末などが数多くリリースされ、電子出版の世界は本格化への流れが一気に加速を始めました。また、「電子書籍ビジネス調査報告書2012」(インプレスR&D)によると、2011年度に629億円だった日本の電子書籍市場規模は、2016年度には2,000億円まで拡大すると予想されています。

今回のセミナーでは、発展著しい電子書籍の分野における第一人者をお招きして、電子出版ビジネスの可能性と先端技術そしてコンテンツの未来を解説するとともに、「電子出版コンソーシアムeBook東北」の活動について発表します。

技術者のみならず出版やクリエイティブそして書籍流通などに関心のあるすべてのみなさまにご参加いただきたいセミナーです。

■電子書籍が切り開くビジネスの可能性について■

一般社団法人電子出版制作・流通協議会 事務局
池田 敬二

電子書籍は、様々な可能性を秘めています。制作するビジネスは当然のこと、電子書籍のコンテンツを活用し、既存のビジネスに活かすさまざまなアイデアをご紹介いたします。

■EPUB 3電子書籍 実際とこれから■

株式会社フューズネットワーク
代表取締役 池田 実

電子書籍を取り巻くビジネスが活性化している中、EPUB3形式の電子書籍による、コンテンツ表現の未来を考えます。TTS、SMIL、HTML5+CSS3、SVGなど先端技術による未来の電子書籍の展望についてお話しします。

■eBook東北 電子出版ワークショップ■

池田 敬二+池田 実

上記の講義を受けて、それぞれの立場でどんな事業展開ができるかをグループにわかれてアイデア出しを行います。

■電子出版コンソーシアムeBook東北について■

株式会社ココム
代表取締役社長 男澤 亨

■会場■

日時:2013年2月22日(金)14:30-17:00
会場:仙台市宮城野区中央市民センター 第3会議室
仙台市宮城野区五輪2-12-70
TEL022-257-1213
交通=JR仙石線陸前原ノ町駅徒歩1分
仙台市営バス・宮城交通宮城野区役所前バス停徒歩3分、有料駐車場あり
定員:50名 定員に達し次第、締切とさせていただきます。
参加費:無料
※セミナー終了後、交流会17:30-19:30を開催いたします。
費用は4,000円、会場は当日連絡。

【お申込み・お問い合わせ】

電子メールまたはFAXにて「ご氏名、所属、電話番号、電子 メールアドレス、交流会の参加有無」を明記してお申込み ください。交流会の参加申込は2/15とさせていただきます。

電子メール:ebook@ebook-tohoku.jp
FAX:024-953-6880
電話での問合せ先:024-953-6820 株式会社ココム デジタルパブリッシング事業部

主催:Fandroid EAST JAPAN(ファンドロイド・イーストジャパン)
共催:電子出版コンソーシアムeBook東北

講師プロフィール

●池田 敬二
1994年、東京都立大学人文学部卒業後、大日本印刷に入社。以来、出版印刷の営業、企画部門を歴任。"混迷の時代 こそ面白い"がモットー。JAGAT認証DTPエキスパート、クロスメディアエキスパート、JPM認定プロモーショナル・マーケター。日本電子出版協会クロスメディア委員会委員長。武雄市図書館デジタル化推進協議会委員、選書委員。ビッグデータビジネス・コンソーシアム企画委員。2010年より(一社)電子出版制作・流通協議会事務局に勤務。月刊「プリバリ印」(日本印刷技術協会)で「クロスメディア時代の出版印刷」を連載。
趣味:ジャズ、空手。
Twitter:@spring41 Facebook:http://www.facebook.com/keiji.ikeda

●池田 実
2000年、個人事業フューズネットワーク創業。2006年、株式会社フューズネットワーク起業。2010年、電子書籍制作環境「FUSEe(R)」を発売。2012年、JEPA電子出版アワード2012 クリエイティブツール賞受賞。「FUSEe(R)」は、「快適なIDPF準拠のEPUBを制作可能な環境の提供」を目的として開発されている。日本電子出版協会、電子出版制作・流通協議会、電子出版コンソーシアムeBook東北所属。総務省「次世代Webブラウザのテキストレイアウトに関する検討会」構成員。
趣味:ブルース、空手。
Twitter:@heeweee Facebook:http://www.facebook.com/ikedaminori

●男澤 亨
広告制作会社でコピーライターを経て、大手印刷出版会社に入社。1996年、有限会社ココム(現株式会社)を設立し、代表取締役。2005年〜2010年、財団法人仙台市産業振興事業団ビジネス開発ディレクター(IT産業担当)を兼任。ほか(一社)日本WEBデザインソリューション協会理事・東北支部長など公職多数。東北大学建築学科中退。
Twitter:@t_otokozawa Facebook:http://www.facebook.com/tohru.otokozawa




2012年12月28日 JEPA電子出版アワード2012 「FUSEe®」がクリエイティブツール賞を受賞

JEPA電子出版アワード2012 「FUSEe®」がクリエイティブツール賞を受賞

日本電子出版協会主催の「JEPA電子出版アワード 2012」投票によって、「FUSEe®」がクリエイティブツール賞を受賞致しました。
ご支援いただきました皆様に感謝申し上げます。

ニュース・プレスリリース

JEPA 電子出版アワード2012 受賞作品発表

第6回「JEPA電子出版アワード」大賞は「Kindleストア」に(ITmedia eBook USER)

第6回「JEPA電子出版アワード」大賞は「Kindleストア」に(YAHOO! JAPANニュース)

日本電子出版協会(JEPA)、2012年「JEPA電子出版アワード」の結果を発表



2012年12月20日 重要なお知らせ

FUSEe(R)βご提供終了のご案内

株式会社フューズネットワークは、これまでFUSEe(R)β(機能限定開発版)を無償公開してまいりましたが、2012年12月28日をもってご提供を終了いたします。

FUSEe(R)βのver.0.1.x系の開発は2012年5月末をもって終了しており、アップデータのご提供はver.0.1.1 Build7eをもって終了しています。このたびのご提供終了に伴いましてFUSEe(R)β本体、アップデータなどの一切のダウンロードはできなくなります。

すでにご使用いただいているFUSEe(R)βに関しては、継続してご利用いただくことは可能です。その場合でもこれまでどおり、サポートの提供や今後のアップデータの提供は行いません。

※禁止事項

  • ご提供終了後の新規マシンへのインストールはお止めください。
  • FUSEe(R)β本体、アップデータなどの再配布はお止めください。

2010年4月のFUSEe(R)βのリリース以来、およそ8万人の皆さまにご試用いただき、また多くのフィードバックをいただきました。誠にありがとうございました。

製品版に関するご案内

製品版のFUSEe(R)は、Amazon.co.jpでご購入いただけます(以下のリンクから)。
また、本サイトにて配布しているアップデータを摘要いただくことで最新版のver.1.3.2をご利用いただけます。

FUSEe ver.1.0

製品版とβ版との相違点

FUSEe(R)βは開発版として機能の先行実装を行ったアップデートを随時提供してまいりましたが、0.1.x系βの最終版(0.1.1 Build7e)と製品版FUSEe(R) ver.1.3.2は同等の機能を有しています。

製品版ではさらに以下の機能が追加されています。

  • デザイン画面(WYSIWYG編集画面)により直接コンテンツの編集(文字や画像の配置、追加や削除)が可能です。
  • 各ページごとのサムネイル表示機能
  • 画像ファイル編集機能

なお、製品版には、OPFファイル・NCXファイル・ナビゲーションファイルのユーザーによる編集機能は搭載されておりません。

FUSEe(R)βの継続利用をご希望の方

制作業務など企業内でのご利用や、教育分野でのご活用など、FUSEe(R)βを継続してご利用になりたいというご希望がございましたら、用途や規模に応じてライセンス契約等で対応させていただきます。ただし法人様に限ります。

法人名、担当者名、連絡先、用向きなどを下記よりお知らせください。

株式会社フューズネットワーク 営業部
sales@fusenetwork.co.jp

※製品版のボリュームライセンス、サイトライセンス契約のご相談も上記からご連絡ください。



戻る  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |    次へ 


Copyright©2006-2017 FUSE Network,Inc. All Rights Reserved.